職人日記

2019.10.03

ソーラー給湯器について

 

ソーラー給湯器についてですが、長い間メンテナンスをしていない場合、

タンク部分のカバーやパネルを引っ張ているワイヤーが緩み、落下のリスクが高まります。

1年に1回のメンテナンスを推奨します。

ビス止めで固く留まっているタンクパネルが吹き飛ばされています。敷地内でしたので大事には至りませんでした。

使用していない期間が5年ほどあり、その間1度もメンテナンスをしていなかったそうです。

本来2本で留まっているべきワイヤーが一つ取れてしまっています。

かなりの重量物を支えているワイヤーですので、1つでも切れると落下のリスクがかなり高まります。

 

リバーリーフ 株式会社

〒242-0022
神奈川県大和市柳橋3-1-42 露木ビル2F
TEL:046-259-7288
FAX:046-259-7288
MAIL:riverleaf7228@icloud.com
休業日:日曜日・祝日

Copyright (C) River leaf 株式会社 All Rights Reserved.