職人日記

2019.10.18

下屋根葺き替え 続き 鶴見区S様邸

先日の下屋根葺き替え工事の引き続きのレポートになります。

先日の引き続きで別の面の既存瓦を撤去し、コンパネ貼り→防水シート貼りの順番で施工します。

ケラバ・軒先・谷板金の取り付けを行いました。

貼り出しまで進みました。釘頭にシーリング処理を施しています。

2019.10.16

下屋根葺き替え工事 鶴見区S様邸

 

現在施工中の現場になります。下屋根の葺き替え工事を行っていますので、その作業風景を載せます。

既存の瓦を捲っていき、掃き掃除を行います。

コンパネを寸法合わせて貼りあげていきます。

防水シートを敷いていき、これで下地の作成は完了です。

コンパネを貼り上げた後、防水シートを敷いて下地の作成は完了です。

2019.10.11

大屋根 棟瓦部分漆喰増し打ち工事

 

先日、大屋根の棟瓦部分の漆喰の増し打ち工事を行いましたので、その作業風景を載せます。

既存の漆喰が経年劣化によって所々剥がれ落ちていました。

新しい漆喰を充填しているところです。

再充填が完了し、綺麗に拭きあげて施工完了です。

2019.10.09

ソーラー給湯器撤去工事

 

先日、ソーラー給湯器の撤去工事を行いましたので、その作業風景を載せます。

降ろしやすくするために、タンクとパネルに分割します。

タンクを外したあと、パネルも外します。

撤去後になります。安全にソーラーパネルとタンクを降ろし、その他にワイヤーと給水管も外し作業は完了です。

2019.10.03

ソーラー給湯器について

 

ソーラー給湯器についてですが、長い間メンテナンスをしていない場合、

タンク部分のカバーやパネルを引っ張ているワイヤーが緩み、落下のリスクが高まります。

1年に1回のメンテナンスを推奨します。

ビス止めで固く留まっているタンクパネルが吹き飛ばされています。敷地内でしたので大事には至りませんでした。

使用していない期間が5年ほどあり、その間1度もメンテナンスをしていなかったそうです。

本来2本で留まっているべきワイヤーが一つ取れてしまっています。

かなりの重量物を支えているワイヤーですので、1つでも切れると落下のリスクがかなり高まります。

2019.09.23

大屋根棟板金交換工事 麻生区 K様邸

 

以前、大屋根の棟板金と貫板の交換を行いましたので、その作業風景を載せます。

既存の状態です。

板金と貫板を撤去しました。

新規の貫板を正確に取り付けていきます。

貫板を取り付け終え、板金を綺麗に取り付けできるように加工します。

取り付け終えたら、シーリング処理をして施工完了です。

2019.09.16

板金塗装・板金取り付け 藤沢市 I様邸

 

先日、板金塗装と板金の交換・取り付けを行いました。

 

ケレン作業、さび止め塗り、上塗り施工をおこないました。艶が出て綺麗です!

 

こちらも同様に作業を行いました。塗料ムラが出来ないように丁寧に施工しました。

板金を新しいものに交換しました。

2019.09.16

屋根塗装工事 茅ヶ崎市 K様邸

 

以前、屋根塗装工事を行いましたので、その作業風景を載せます。

下塗り塗料は屋根専用シーラーを使用しました。

中塗り・上塗りと2回塗り、完成になります。

塗装後、棟板金の交換を行いました。

2019.09.16

屋根葺き替え工事 稲城市 M様邸

 

以前、屋根葺き替え工事を行いましたので、その施工風景を載せます。

今回はアスファルトシングルの屋根材を使用した内容です。

瓦を撤去し、漆喰やほこを除去して、合板を貼れる状態にします。

下地の合板を貼り、そのあと防水シートを敷いていきます。この段階で下地組みは完成です。

先付け板金を取り付けた後、屋根本体施工を行いました。

アスファルトシングルの屋根材は独特のパターンが施されているため、施工後が非常にスタイリッシュです!

2019.09.12

棟板金交換工事 座間市 H様邸

 

先日、棟板金交換工事を行いましたので、交換作業風景をアップします!

既存の板金と貫板を撤去し、新規の貫板と棟板金の取り付けを行いました。

板金加工・コーキング処理も済ませ、作業が完了です。

 

リバーリーフ 株式会社

〒242-0022
神奈川県大和市柳橋3-1-42 露木ビル2F
TEL:046-259-7288
FAX:046-259-7288
MAIL:riverleaf7228@icloud.com
休業日:日曜日・祝日

Copyright (C) River leaf 株式会社 All Rights Reserved.